橋爪農園は、国内では珍しい、アボカドを栽培している和歌山の農園です! 絶品の国産アボカドをぜひご賞味ください!

アボカドの橋爪農園

橋爪農園のアボカド
「森のバター」や「バターフルーツ」と呼ばれ、ビタミンEも多く含まれるアボカド。しょうゆともよく合うため、日本でもおなじみのフルーツです。このアボ カド、熱帯地方の作物というイメージですが、品種によってはここ日本でも栽培することが可能です。しかも日本で栽培できる品種である「ベーコン種」は、 スーパーで出回っている輸入品の「ハス種」に比べて、まろやかで、味も濃厚。ここ橋爪農園は本州最南端の県、和歌山県にあり、「ベーコン種」の栽培ができ る温暖な気候です。他では味わうことがめったにできない、絶品の国産アボカドをぜひご賞味ください!
なぜ売っているアボカドは「ハス種」?

現在、日本国内で出回っているアボカドのほとんどが皮が固くて、食べごろになると黒っぽくなる「ハス種」です。皮が固いため、長距離の輸送が容易なことや、栽培が容易なこともあり、日本だけでなく全世界で食べられているのがこの「ハス種」なのです。一般的に食味は「ベーコン種」よりも劣ると言われています。

橋爪農園のアボカドは「ベーコン種」

橋爪農園で栽培しているアボカドは、「ハス種」よりクリーミーでまろやかな「ベーコン種」です。「ベーコン種」は「ハス種」に比べて耐寒性があり、日本で栽培が可能な品種なのです。皮も薄いため、長距離の輸送には適していないので、国内消費、地産地消に向いています。

つまりは国内消費の高級品!

「ベーコン種」は食味がいいのですが、皮が薄くて日持ちがしないため、大量生産や輸入品としては適してません。そして「ハス種」は長距離輸送には向いているのですが、「ベーコン種」に比べて食味はやや落ちるのと、耐寒性がないので日本での栽培には向きません。つまりは「ベーコン種」は、熱帯地方に比べて寒い日本でもできる食味のよい品種。生産量は少ないため、「幻の国産アボカド」として贈答品などにぴったりなのです。
 
橋爪農園 Online Shop
国産のアボカドをはじめ、珍しいホワイトサポテやキウイフルーツ、みかんなどの柑橘類、野菜では自根きゅうりなど、健康と美味しさにこだわって栽培し、季節を通じて皆さまに販売・お届けしています。
※アボカドの販売は11月ごろを予定しています。
苗木も売ってます。
橋爪農園では、アボカド、ホワイトサポテの苗木も販売中です。要予約。発送時期は4月ごろから。用意でき次第発送いたします。
 
アボカドの苗木
【2年生】1本 \10,800(税込み、送料別)

※ハス種とベーコン種があります。
※結実させるには2本以上が必要です。
※最低温度が5度を下回る地域では、育たない可能性があります。
 
ホワイトサポテの苗木
【大苗】1本 \8,640(税込み、送料別)

※結果樹はクシオ、チェスナットから選べます。
※授粉樹はバーノンとモルツビーから選べます。
※結実させるには、結果樹と授粉樹が必要です。
※最低温度が5度を下回る地域では、育たない可能性があります。
 
ご予約はメール or FAXにて
お名前、住所、電話番号、ご希望の苗木、本数を記載してください。
michy@agate.plala.or.jp
FAX.073-492-2965